【参考】親知らずを抜歯後、3週間経っても下顎や頬、顎関節が激痛の方は参照ください

親知らず抜歯後の痛みが続く・・・

歯科矯正をしている関係で、歯茎の深部で横向きに埋まっている親知らずの歯を、歯茎を切開して抜歯しました。歯茎の中の穴に肉が埋まって治るには1ヶ月ほどかかるけど、7~10日あたりで頬のしびれや腫れや下顎の痛みは引いてくると聞いていたのに、3週間過ぎても激痛のまま、耳の中も痛いし頭痛もあるし、肩や背中もピキーンと張っている地獄の状態。誰もが好きな食事が一番苦痛で、まず口が十分に開かない、指1本分だけ。噛む時に痛くて食パンすら1枚で食べるのを諦める。食べた後はコメカミの下あたり、顎関節が非常に痛くていつも食後1時間は泣きそうになりながら横になってじっとするしかできません。3週間経つ頃には頬の筋がつって、頬がぺこんとへこんでしまい、下顎もまた腫れだしてきました。

ネットで何度検索しても、「痛みが1ヶ月続くような場合はドライソケットの可能性」だと書かれているがそれとは明らかに違う(ドライソケットは歯茎の上に出ている親知らずを抜くケースで起こることがある)。顎関節症になる人もいるらしい。

歯医者に3度は痛みを訴えて診てもらったけど、口の中を見て「治ってきている」と言われる。いよいよ口が開かないと3度目行った時に「口の開閉運動が足りないから、痛みに負けて口が閉じよう閉じようとしている、筋肉が硬直している。」「口開くようにしてる?開かんと血行悪くなるからますます硬くなるよ。」と言われました。

顔もつって変形してきていて、尋常じゃない痛みに不安しかなく、ちょうど歯科矯正で行っている歯医者の予約があったので相談したけど口内は問題なさそうで特に何も言われず・・・。

西洋医学の限界だ!!

 

抜歯後の痛みに効果のあった東洋医学系3つ

脈診10秒で体の悪いところが解ってしまう森本鍼灸整骨院へ行く

もしかしたら先生なら何か分かるかもしれないと、奈良の新大宮駅すぐ横の森本鍼灸整体院に行きました。脈に触れるだけで体を隅々までスキャンしたかのように状態が判る先生です。その人の性格や思考癖まで解ります。

飲んでいるロキソニンなどの鎮痛剤類が、胃などの消化器官に副作用のあるものだったせいか、「今一番悪いところはおしりの外側=胃の反射です」「親知らずの位置はちょうど胃の反射でもある」と言われ、おしりのゴリゴリを電気棒でほぐしてもらうなどの処置で、親知らずのあった箇所の歯茎の痛みは確かにおさまってきました!食べ物を噛むたびに痛かったので助かりました。

歯のことは分からないからセカンドオピニオンで別の歯医者に行くように言われまして、順序的には後述の河野歯科医院に行って、膿が溜まっているなどの歯茎の問題がないことが分かった上で森本先生に顎関節へのアプローチもしてもらえば良かったと今は思います。

奈良県新大宮駅、森本鍼灸整骨院で検索!「もりもと」ではなく漢字の「森本」です。 〒630-8115 奈良県奈良市大宮町6丁目9-15F, 0742-36-0078 現在コロナ営業時間で日曜、水曜午後、土曜午後が休み、18:30最終受付、ということは記憶してますが、詳しい診察時間はお問い合わせください。

 

鍼灸師でもある河野先生のホリスティック医療に頼る!!

元々通っていた鍼灸師でもある河野歯科(コウノ歯科・淀屋橋駅からすぐ)でも診てもらいました。レントゲンを撮り、「すごく難しい場所で、下顎に通っている神経近くにあった歯だけど、神経を損傷することなく問題なくきれいに抜いている」「(手術が20分強だったということは)すごく腕のいい先生だった」と教えてもらいました。(河野先生は年齢的に現在は切開手術はやめているそうです)

余談だけど別の友達の場合、歯の破片が歯茎に残っていて腫れが引かず、再度切開して破片を取り出しやっと治癒に向かったというケースがあった。また、他にも下顎に通っている神経を損傷あるいは圧迫することで痛みが引かないことがあるらしい。

私の場合、超超超超超「敏感体質」が関係しているようで、麻酔の量が多いため治りが悪いというのが一つの大きな要因と考えられるそう。敏感体質な人は麻酔量を必要最低限に減らさないといけないらしいです。下親知らず抜歯に関するだいぶ恐ろしい話を周囲から聞いていたため(手術が2時間半とか麻酔が効いているとは思えない痛さなど)、手術中「痛いかも?」と少し刺激を感じたくらいですぐ手を挙げて、麻酔を追加で2度打ったのが良くなかったかな。1度は必要だったと思うけど・・・。

麻酔の痺れが長く残り、痛いから開口しない⇨筋肉が硬直⇨痛みが増す⇨開口しないから血行が悪くなりさらに悪化、という悪循環となっているようです。抜歯が痛くないように麻酔を多めに打ちがちだし敏感体質ということもあって割と仕方ないことのようです。「筋肉の硬直は時間はかかるけど治るものだよ!」と聞いてホッとしました。

手術中におそらく体に力が入り過ぎていたことも関係あるらしい(筋肉に力が入りすぎることでショックが大きいんだったかな、後述の整体の先生に聞いたけど理由忘れちゃった)。

ともかく抜歯手術による口内の問題ではないと分かって一安心!河野先生に鍼の代わりで5センチの深さまで刺激の伝わるレーザー治療をしてもらいました。顎関節を動かすためのツボにレーザーをあてます。それから橋本操体法を活用した顎の体操を指導してもらいました。

本来口は、縦に並べた3本指が入る大きさまで開くのが正常らしいです。私は指1本分しか開いていなかったけどギリギリ2本入りそうかなーというところまでは開くようになりましたが、まだまだまともに食事はできる状態ではないし激痛です。

本来は河野先生も私も薬に頼る方ではないですが、あまりにも状態がひどいので、薬や消毒のためのうがい薬をいただき診察を終了。

 

淀屋橋駅からすぐの河野歯科医院 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町4丁目4−2 06-6222-2034

 

 

腕のいい先生のところで顔や頭の整体をする

河野先生にも確認して、「上手なところであれば顔の整体もいい」ということだったので、つい最近知ったばかりの天六にある「一歩」という整体院に行きました。

頬の筋が違っていること、頬の筋肉に引っ張られ頭蓋骨もズレズレ、顎下のリンパや首筋、肩が恐ろしく張っていることなどを告げられました。

この日はまず体全体を整え、顔と頭蓋骨の整体を1時間してもらいました。しばらく短時間でもいいから頭と顔を中心に上半身の整体をした方が良いとアドバイスされました。

この日、思い切り凹んでいた頬が半分近く元に戻りました!一歩に通うのと通わないのとでは治癒のスピードが全く違うと思います。

先生の腕がとても良く、大変助かります!

驚いたのは「アレルギー体質ですか?」、整体院でそう聞かれたのは初めてでした。「アレルギー症状が出ているときは胸椎の上から2、3番目が出る傾向がある」そうです。

他にもかなり腎臓が弱っていることも指摘されました。前述の森本鍼灸整骨院では「先天的に股関節がずれていることで腎臓が悪い」と言われていたので一歩でそれを告げると、「確かに股関節がはまっていない」ということでした。森本先生にも教えてもらっていたけど、一歩ではまた別の股関節をはめるための体操を教えてもらいました。

よい東洋医学系のアプローチが2、3あると「すごく助けられるなぁ」というのが実感です!!

食べ物で養生するだけでは解決できないこともあり、骨や関節や筋肉からフィジカルにアプローチすることで内臓機能が高まることがある。

天六(天神橋6丁目)駅からすぐの整体院「一歩」 大阪府大阪市北区本庄東1−4−17日総ビル2階 06-6376-1755

 

 

最後に。

とにかく一歩にしばらくは通い、まずは元の生活に早く戻り、腎臓機能も高めて元気モリモリに活動したいです。

整体院は、チェーン店でたくさんあるけれど、ビジネス感が高くて質はイマイチのところが多いです。たくさんある中でも良き先生たちに出会えて本当に良かったです!!

 

私みたいなのはレアケースかもしれませんが、自然派ライフを送っている敏感さん(野生的、原始的な体とも言う・・)の場合は同様のことが起こることもあると思います。

参考になれば幸いです。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

気に入ったらシェアお願いします♫
2022年05月31日 | Posted in ライフスタイル, 食習慣・健康 | | Comments Closed 

関連記事