サーバー移管後に、既存のブログを同じサイトアドレス(URL)で表示させる方法 (WordPress)


ブログサイトをリニューアルすると共に、レンタルサーバーを変えました。今まで使っていたドメイン名「le-coccole.jp」で、新規サーバーのリニューアルサイトにアクセスできるように設定したために、既存のブログが表示されなくなりました。『サーバー引越し後も、既存のブログをしばらく残しておきたい』、そんなこともあると思います。サーバー移管後に今までと同じサイトアドレス(→以下URLとする)で既存のブログを表示するための方法を紹介します。中級者向けです。サーバーの移管方法やDNSの意味など、ここでは説明を省きます。

例として私のレンタルサーバー情報を「表1」で確認してください。

通常サーバーを移管すると、DNSサーバーを再設定する必要があります。私の場合、ムームードメインのDNS管理設定で、新規に契約したエックスサーバーのDNSサーバー名を設定します。そうすると、URLに「le-coccole.jp」を含むものは、エックスサーバーにあるデータを指すようになります。つまり、「bioblog.le-coccole.jp」のアドレスで、ロリポップ上の既存のサイトは当然表示されなくなります。既存のサイトを今までと同じURLで表示させたい場合、DNSレコード設定をすることで解決します。DNSレコード設定をする手順は以下の通りです。

1. エックスサーバー上で、サブドメインを追加する

エックスサーバーのサーバーパネルで「サブドメインを追加」します。私の場合、「bioblog」というサブドメインを追加しました。

2. 既存のブログURLのIPアドレスを調べる

既存のブログのIPアドレスを調べます。その前にまずは、既存のブログのURLを調べます。ロリポップのブログ管理画面で確認します。サーバー移管後は、独自ドメイン名ではなく、ロリポップのドメイン名のブログURLが必要です。「bioblog.*****.lolipop.jp」というようなURLです。サーバー移管後に一度、ブログのURLを、独自ドメイン名「le-coccole.jp」からロリポップのドメイン名に指定し直す必要があります。

次に、ロリポップドメイン名の入った既存ブログのURLを、「IPひろば」というサイトに入力してIPアドレスを調べます

3. エックスサーバーでDNSレコード設定をする

上で調べたIPアドレスと「bioblog.le-coccole.jp」を紐付けします。つまり、既存ブログのIPアドレスと、エックスサーバー上に設定したURL「bioblog.le-coccole.jp」を関連付けます。「bioblog.le-coccole.jp」の実際の宛先は、ここに指定するIPアドレスになります。

ホスト名:既存のブログと同じURL
種別:A
内容:IPひろばで調べた既存ブログのIPアドレス
優先度:デフォルトのまま(0のまま)

 

4. ロリポップのブログ登録画面で独自ドメイン名を再設定

ロリポップのブログの登録でドメイン名を、ロリポップのドメイン名から独自ドメイン名へと再設定します。

設定後は下の画面のようになります。サーバー移管前と同じ登録内容になります。

設定手順は以上です。DNSレコードの設定内容が反映するのに時間が要ります。私の場合は12時間後には「bioblg.le-coccole.jp」で、ロリポップの既存のブログサイトが表示されるようになりました。


2018年03月21日 | Posted in Column | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です