チョコレートムースケーキでハッピーバースデイ!


イベントでお菓子をよく焼いて販売しますが、最近もアレルギーで卵、乳製品が食べられないお子様、その親御さんに大変喜んでいただきました。周りの子供がお菓子を与えられているのに我慢しなくてはいけないお子さんを不憫に思うのは当然だと思います。イベント会場でパクパク美味しそうにスイートポテトマフィンを食べる女の子を見て、お母さんがとても嬉しそうだったのが忘れられません。

私は店舗経営をしているときは毎日必死で、お菓子よりも料理をすることで精一杯でしたし、正直お菓子作りが特に大好きというわけではありませんでした。ですがこのように喜んでくださる方々の顔を見ていたら力が湧き腕が鳴ります。

また、最近は田辺の「にしかわクリニック」新規併設のカフェでお菓子のレシピ提供と指導をさせていただくことになりました。こちらでもオープンの準備中、オーナーさん、スタッフさん達にはお菓子の味に相当びっくりしながら喜んでもらいました。マクロビスイーツはちょっと薄味で物足りないと思っていた方はなおさらだったようです。しっかり食べ応えと加減の良い甘さがあり、いくらでも食べてしまえると大変喜ばれました。初めに提供したのが「ごぼう入りグラノーラクッキー」で、こちらのカフェのコンセプトに合わせてクコの実を足しました。

そこですっかりやり甲斐を得た私は、本日も展示会で出会ったお客様のご家族のために誕生日ケーキを焼くことにしました。いくつかの選択肢から選んでいただいて、今回はチョコレートムースケーキです。1回目、甜菜糖を他の砂糖で代用し甘さの加減で少し分量を調整、水分も豆乳ではなくりんごジュースに代えたらケーキが全く別物になってしまいました。やはり積み重ねでやって来たこと、何度も試して見つけた黄金比は本番直前に変えるものではないと反省。時間がない中緊張しながら2台目を焼きました。

店舗をやっている頃からのレシピもありますが、常に改良に改良を重ねるので既存レシピはあるようでありません。試作は時間も手間もかかれば、試作を重ねるほど材料費も膨大になります。結構苦労しますが、自分のできることが求められ、喜んでいただけることは、大変幸せなことだと思います。

また、「好きなことが分からない」と思っている方は、目の前にあることを一生懸命やるとそれが人に喜ばれやり甲斐となり、好きになることもある、ということをお伝えしておきたいです。

今は経営していた頃に比べれば時間があるので試作時間が以前よりは取れるので、これからも色々挑戦していきたいです。

一つ注意点です。米粉のレシピもないこともないですが、私はあまりグルテンフリーレシピを積極的に開発していません。小麦アレルギーの方も多いと思いますが、小麦に残っている農薬が原因でアレルギー症状になっている方が9割だというレポートもあります。ただし無農薬の小麦でも、他何の食品でもそうですが、摂りすぎはもちろん良くありません!許容量オーバーの時にアレルギー症状は出ます。ですが小麦アレルギーだと認識されている人の中でも(摂りすぎた分はデトックスしてからになりますが)、適量で無農薬で良質、自分と相性の良い小麦であればアレルギー症状が出なくなる可能性があります。米粉に代えたからといって安心なわけではなく、私は以前米粉でアレルギー症状が出ました。

ケーキご注文のご案内を作れたらと思います。ですが個々人の日程に合わせるのは製菓が専門業ではないので難しいことも多いと思います。基本的にはホームページでご案内したお菓子を期間限定で販売するのがメインとなりそうです。

 

お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ↓

 


2019年11月04日 | Posted in Work | | Comments Closed 

関連記事