自由に引き寄せられる自分になる方法


自己肯定感とは

全ての鍵は「自己肯定感」にあります。「引き寄せの法則」を知っていたとしても自己肯定感の低さに気が付いていなければ、頭に思い描いたはずのものとは違うものが引き寄せられてしまいます。それはどういうことかを説明していきます。

と書いてる本人もその低さは重症レベル。「あれ、ちょっと最近不調だな」「冗談抜きで自虐的すぎる」と思い、時間ができたところで自分立て直し中(笑)。

著書「自己肯定感の教科書」(中島輝氏著)によると自己肯定感とは・・・。

“あなたの人生を支える軸となるエネルギーです”

“「自分が自分についてどう考え、どう感じているか」によって決まる、自分の価値に関する感覚であり、誰もが備え持っているものです。”

“自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられること”

https://honto.jp/netstore/pd-book_29418136.html

 

いつも悪いセルフイメージを投映していませんか?

人間は「1日に6万回の思考を起こし、その8割は自分の身を守るためのネガティブな思考になりがちである」という心理学の研究内容を聞いたことがありませんか。潜在意識の特徴の一つに「潜在意識は繰り返されることを重視する」があります。潜在意識が「自分の人生を作る」「叶えたい現実を引き寄せる」ので、自分の思考癖に気が付くことはとても重要です。本来本能的とも言える「身を守るためのネガティブ思考」は危険や失敗から自分を守ってくれる信号ですが、自己肯定感が低いとそれが過ぎて「自分を自ら傷つける思考」になります。常に自分に悪いジャッジを下し、反理想的なセルフイメージを繰り返し投映するのです。

「引き寄せの法則がうまくいかないな〜」と思っている人は、何度も思い描いたはずの理想や夢よりも圧倒的に多く起こしているネガティブな思考が望まない現実を引き寄せているのかもしれません。

 

自己肯定感を下げると同時に望まない現実を引き寄せる思考癖とは

自己肯定感が下がる時、それは単に自信がなくなったとも違っていて、自ら「自分を責めて傷つける」ことが内面で起こっています。そうやって「自分の価値を下げる」きっかけは常々あります。

例えば朝起きてから出かけるまでに起こりがちなことで言えば、

・髪型がきまらなくてイライラする
・出かける前に服装が決められずまず時間を無駄にした自分を責め、納得いかない姿を冴えないと思う
・乗りたい電車にギリギリになりバタついた自分を責める  など。

また、先ほどの著書によると、出勤時の満員電車に乗ることや会社で上司の顔を見ることを想像して憂鬱な気分になって出かけるなど「先の嫌なことを思い出すこと」も自分を不快状態にし、ひいては自己肯定感を下げてしまうそうです。

そもそもの自己肯定感の高低は生い立ちや過去のトラウマに大いに関係していることが多く、根深い問題であるため深く丁寧に見る必要があるものだと思います。

ただし日々自己肯定感を上げ下げするきっかけになるような、上記のような繰り返し起こる思考や感情のケアは簡単に対処できるものです。ですから自分に不快なジャッジをして傷つけ続け、潜在意識に反理想的なセルフイメージを刻むことは意識的にすぐやめましょう。「自分を快の状態にする」努力をするべきだと思います。それは根本解決とはなりませんが、日々の思考癖が人生を創り現実を引き寄せるのだからとても大切なことです。

自己肯定感を高めるためには内面から根本解決していく方法と、対処療法的にする方法と、本来は二方向から手を打つ必要があると思います。根本から対処する方法は人それぞれによって異なるので解決法説明は心理学本にお任せするとして、今回はいくつかのすぐ効く対処法を紹介します。

 

すぐ効く!自己肯定感を高める対処法

パッとすぐに自己肯定感を高めて「自分を快の状態にする」方法がいくつかあります。

自分の個性を活かしてくれる美容室に行く

最近やっと髪を切りました。髪は伸ばしているので基本整えてもらうだけですが、髪型自体に大きな変化がなくてもやはりプロの手にかかると「整える」ことで髪の毛がキレイな印象になるんですよね。お任せだったのですが、前髪はバッサリ切ってもらって幅広のパッツン。これ、自分でやるとただただ顔が膨張したイケスカン感じになるのですが、自分らしいスタイルに仕上げてもらって「やっぱプロ(郁ちゃん)ってすごい!!」と感動しました。

自分で切った時は自分の顔を見る度にイライラし、パッとしない気分で過ごして長い月日を無駄にしたな〜と思います。それって毎日毎度自分に「自分はイケテナイ!」と暴言を吐き傷つけ、「自分てほんまに冴えないわ〜」と悪いセルフイメージを繰り返し潜在意識に刻み込んでた訳なので、なんて恐ろしいことをしていたのかと思います。美容院に行くことは余裕がないとそれなりの出費かもしれないけれど、行かないでイマイチな状態でいることの方が大損していると思いました。

私は美容師の友達がたくさんいるのですが、今回お世話になった大好きな美容師友達はLilo in veveの郁ちゃんです!(写真の一番左。真ん中はエマ)

郁ちゃんのアレンジ、大好き!本当郁ちゃんに感謝しています!

「ほんまコレ好き」と言ったら、「でもそれは朋ちゃんのキャラもあるで」「例えばコンサバ系の人にこの前髪とアレンジはせーへんやろ」と言っていたので、「この好きな感じは自分らしさなんだな〜」と発見したのがすごく嬉しかったです!

◉心斎橋にあるオススメ美容室 リロインベベ 

HOME

いつもとちょっと違う服装にチャレンジする

「これにしておくのが無難だな」と他人の目線を気にしたオシャレではなく、自分で新しい着方や取り合わせ方を見つけてみる。あるいは個性的なデザインの服を着てみる。自分の型を破り新しい自分を創造すること。自分らしい個性や魅力を発見してみること。オシャレに興味がそんなにないと思われる方は、見違えるほどの自分にあったデザインの服に出会っていないだけかもしれません。洋服ってすごく奥が深いので、色々ぜひ試してください。もしも自分に満足していないのに新しいデザインを試していないなら、自分を快の状態にするチャンスを逃しています。服の奥深さや面白さについては、レ コッコレ主催の服の受注販売会で私自身も多く驚きと発見がありました。それをみなさんにもお伝えしたいと強く思いっています。また秋に企画するのでぜひいらしてください!

 

部屋はざっくりでも掃除しキレイにする

視界に入ってくるイメージ情報は無意識の間に脳に影響を与えます。イメージ情報がごちゃごちゃしていると脳も心もごちゃごちゃになってきます。スッキリ整頓されていると気持ちも整ってきます。気持ちが快か不快かは、自己肯定感に繋がるので細かいことにこだわる必要までないと思いますが、ある程度気持ちが整う、快の状態を保てるくらいには部屋を整えておく、綺麗にしておくことは大切です。ざっくりでも良いので部屋は片付けやすいように機能的にしておくと良いでしょう。特に1日の始まりの朝にする掃除はオススメです。1分でも3分でもいい。部分的でも良い。心の様子を表すとも言われる部屋は自分の体の一部のようなもので自分自身の状態と相関性があります。部屋が綺麗になった感覚があると自分の気持ちも浄化されます。スッキリとした気持ちで1日がスタートすると、仕事の段取りも良かったりします。エネルギーも湧いてきます。

 

他、対処法イロイロ

他、「自己肯定感の教科書」にもすぐ効く対処法が色々と紹介されています。私も自分を立て直す時にちょっとやってたな、確かに効果あるよなって思うものもありました。

・朝「ヤッター!」のポーズをする
・「私はイイ人!」と思って挨拶をする
・良好な関係の人に会う
・少し歩く
・好きなものだけをみる時間を作る
・明日、着る服を決めておく
・好きな風景のポスターや絵を玄関に飾る …. などなど

著書には他にも掲載されています。詳細が気になる人は是非手に取ってくださいね!

 

他のオススメ著書「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」

他にも以前読んでとてもためになった本があります!

実は著書の根本裕幸さんはレコッコレにもよく来てくださっていたんですよね。その頃心理学というのがどういうものかよく分かっていなかったので、まさか自分が読み込むことになるとは思っていなかったのですが。

心理カウンセラー根本裕幸さんのオフィシャルブログはこちら↓
https://nemotohiroyuki.jp/

オススメです!

 

ではまた!

合わせて是非読んでほしい記事はこちら↓

人生うまくいく人、うまくいかない人の違い。

 


2019年05月15日 | Posted in Column, ハッピーを引き寄せよう! | | Comments Closed 

関連記事