大阪発のソーシャルデザイン、おいしく気軽に社会貢献するグルメサイト「ゴチソウ」!


 

社会をデザインする!大学院を卒業仕立ての彼が目指すこと!

友達が仲間3人で「ゴチソウ」という社会貢献型グルメサイトを運営しています。

「ゴチソウ」の設立目的は、これは私の意訳ですが、「何を食べたいとか着たいとか、日常的におこる『消費者の選択』が社会を良くし人助けとなりうる仕組み作り」です。実際はミッションとしては「暮らしを通して、地球と社会の環境を良くする」と表現されています。

 

発起人のフィリップは、京都大学院生の頃は放射線を研究し、大学教授となって人に役立てることを目指していました。様々な食・自然環境問題に触れた後に「ゴチソウ」を発起し、現在は「ゴチソウ」を通して社会貢献事業に努めています。まだ20代半ばの若者です!!ちなみにベトナム系アメリカ人。

飲食店には場所や季節によりお客さんの入りの少ない時間帯があります。例えばディナーの早めの時間帯、夕方18時頃にお客さんを呼び入れる方法として「ハッピーアワー」を設定する店がありますね。または集客方法としてクーポンや割引券など発行するところも少なくありません。

しかし一方で「割引」だと商品価値を下げそうで好まない飲食店も多くあります。それに対して「ゴチソウ」は、「売り上げの一部を寄付金に換える」ことでお客さんによる飲食店の利用価値を上げ、同時に飲食店の売り上げアップを図ります。

特に、なんらかのボランティア活動や社会貢献事業に興味があるけれど、「実際活動するには時間がない」という人にはもってこいです。

寄付金の行き先は標準設定では飲食店が選んだボランティア・支援団体に渡りますが、利用客は数ある支援団体の中から自分の意思で選ぶことも可能です。

 

ゴチソウの利用方法

先日フィリップと会った飲食店は北堀江にある「旅路キッチン」です。様々な国の料理が楽しめるお店です。彼はベトナム料理をチョイス!

私はレバノンです。ここのお店も「ゴチソウ」の登録店です。メニューが旅行パンフレットのような冊子になっているのが面白い!

 

利用客は登録店に予約する or サイト内で「チェックイン」し、お会計時にレシートの写真を撮ってアップロードします。すると利用額の10~20%がなんらかの社会支援金に換わります。

ゴチソウは登録店自体にもいろんな働きかけをしていきたいそうです。食はダイレクトに自然環境に関係するので、菜食メニューやオーガニック野菜の利用を提案することで人の環境保全意識を高めようと考えています。

将来的には飲食店だけでなく、アパレル業界などあらゆる業態に適応することを目指しています。

ゴチソウにぜひアクセスしてください ↓↓

気軽においしく社会貢献できるゴチソウサイト (リンク貼り直しました!最初うまくいってなかった・・ごめんなさい!)

この日は彼から相談を受け、3時間に渡って色々な話をしました。できるだけたくさんのアイディアを出しました。
お客さんが「ゴチソウ」のミッションを「自分のものとして感じられる表現選び」やミッションやビジョンの設定方法、「ゴチソウ登録店」に興味を持ってもらえる目印の作り方、「ゴチソウ」を広めていく方法など・・・。

おそらくそれからも試行錯誤したに違いありません!

ゴチソウの素敵なミッションはこちら ↓↓

ゴチソウのミッション

フィリップは意欲的で情熱があり、一緒にいてとても楽しかったです!

 

チェンジメーカーになろう!

「ゴチソウ」は最近言われる「ソーシャルデザイン」の一つだと言えます。アメリカでは社会をよりよく変えていこうとなんらかの仕組み作りや取り組みをしている人をチェンジメーカーと呼ぶそうです。あなたも「ゴチソウ」を利用することでチェンジメーカーになりませんか?

私は「ゴチソウ」を通して「持続的な発展を遂げながら豊かに心充たせる社会に向かおう!」という意識が広まることに期待しています。グルメサイトという表面的なことよりも、その仕組みや取り組みの背景をできるだけ多くの人と共有できたらいいと思います。共感者という利用者が増えるだけ、なんだか大阪にジワジワと温かいエネルギーが増しそう!

 

刺激的な出会いが欲しい人へ!ゴチソウのイベントに参加しよう!

「ゴチソウ」を使ってみてください!不定期ですがイベントも開催しています。

先日は北浜のあるレストランで交流会がありました。フードバンクの運営者やエシカルファッションをテーマに活動を考えている女性に出会って話が盛り上がりました。

楽しい出会い、新しいクリエイティブなアイディアに刺激を受けると思います。

まずはぜひ、気軽に登録してみてくださいね!

「ゴチソウ」の登録はこちらから ↓↓

ゴチソウの登録画面

 

 

 


関連記事