好きなことを仕事にする!夢が叶う生き方をしているとシンクロは連鎖する!


想いや夢が叶う生き方をしているとシンクロは起きやすい!

前回告知の「夢が叶う生き方」を掘り下げる前に(今回それじゃないんかいっ!)、それにも少し触れながらですが、去年と最近起こったシンクロ(シンクロ二ティ、意味のある偶然の一致)を取り上げたいと思います。

「夢が叶う生き方」をしているとシンクロがよく起きます。

去年は、現在私のホームグランドだと思っている「丼池繊維会館」で何連鎖もシンクロが起きました。とてもワクワクしています🎵

 

さらに憧れのビルが次のステージ

「丼池繊維会館」がどんなところかお話しますと、元レ コッコレと同じ、丼池ストリート沿いにあるビルです。レ コッコレのあった場所から3軒隣りくらいの近所にあります。元は銀行、大正時代のモダニズム建築の先駆けの、スーパーかっこいいビルです。3年前にあったリノベーション後は、毎年開催される「大阪近代建築巡り」のコースの一つになっています。

展示スペースとキッチン付きの屋上テラスがあります。近所で馴染みのある土地ということもあるし、とにかく空間が素晴らしいので「ここで頻繁にイベントができたらいいな〜」とただただ憧れていました。

レ コッコレのビルも特別だったけど、「ここを使わせてもらえるなら立ち退きも苦にならない」と思えるような、さらに特別なビルです。

現在は活用させていただいていますが、初めは自ら使用を申し出る勇気なんてありませんでした。

なぜならまず賃貸やレンタルスペースとしての運用がなかったからです。それに、展示スペースや屋上をよく活用しているのが同ビル3階にある名高い設計事務所だったので、その展示レベルと比較して自分が活用するにはハードルが高いと気後れしていたためでした。

ところがレ コッコレ立ち退きの際にビルのオーナーさんから有難いことに声をかけて頂き丼池ストリートとビルを活性化する一員として、ビルとの共催で様々な取り組みをさせて頂くことになりました。

おかげさまで去年丼池繊維会館で開催した6月の「フランスの音楽祭」は150名ほどの人に来てもらい大盛況で大成功でしたし、12月の漆器の展示会も大好評でした。

 

シンクロは連鎖する!

その同ビル2階にアパレルのショップが入店することになりました。「ここに入るショップは『visitfor』くらいじゃないとイヤだな〜!」と思っていたら、まさに『visitfor』の2号店(I see all)でした。オーナーさんとはオーガニックのコーヒースタンドmillpourで出会って数年前から知り合いでした。「visitfor」は、大阪で最もかっこいい店の一つだと思います。現在は一緒に、あるやりたかった企画の一つを共同開催する話が進行しています!

去年秋にそのレセプションパーティーで料理させて頂いた際には、心底憧れているベルリン在住のデザイナー&アーティストさんにお会いすることができました。雲の上にいるような存在だったのに、なんとレ コッコレの料理スタイルを気に入って頂き、国内では年に一回開催している秋の展示会でアートの一環として料理を提供させていただくことになりました!

去年kisouというギャラリーで開催したイベントのように「アートと絡めた料理」はこれからもしていきたいと思っていますが、そのデザイナーさんとのコラボについては、夢にも思わなくて「全く思い付いてもいなかった」状態でした。

すごくハッピーで楽しい、抜群にセンスのいいアーティストさんから逆にお誘いを受けることになり、「夢にも思わなかった夢」が叶っていくような思いです。

時々書いていることですが、「アートに触れる接点作り」が今の私の主なライフワークの一つです。私がやりたい方向に事が勝手に向かっているのでワクワクが止まりません!

 

今進行中のシンクロ企画

12月の展示イベント「漆器と日本酒とワタシ」の片付けを終え帰宅した頃、一服しながら「次は洋服の受注販売会をしたい」と考えていました。それについて思案を深めていこうと思いながらメッセンジャーを立ち上げると、なんとなんと、レ コッコレに来てくれていたショウちゃんから「服の受注販売会をやりたいのですが・・・」と相談メールが来ていました!!!これこそシンクロでしょ!!

「オオ〜〜〜!!!」ですよ!もうエキサイティングですよ!

昨日はショウちゃんと現場の下見、第2回ミーティングをしました。

 

好きなことを仕事にする!

ショウちゃんは有名ブランドのパタンナーです。会社とは別に個人でブランドを立ち上げ、個性的なセンスの光るかっこいい服を製作し始めたところです。

以前話題になった「半農半X(エックス)」ではないですが、ショウちゃんは会社に所属しながらも自分の好きな仕事を創作することにしました。

(「半農半X(エックス)」とは、半分は農業、半分はやりたいことやミッションを仕事とするライフスタイル)

ショウちゃんとの展示会で表現したいことは、洋服自体はもちろんですが、「好きなことを仕事にする生き方」です。

働くことは本来素晴らしいことですが、無理や我慢が多すぎる環境でストレスを抱えながら仕事をしている人がたくさんいると思います。そういう人達は厳しい社会で生きていくために現職を簡単に手放すわけにはいかず、したくない仕事に耐え、「好きなことを仕事にする」事を諦めてている状況だと思います。私も大手企業でのSE職を離れ、経験のない道で自ら仕事を立ち上げていった時には恐怖や不安がありました。

現状を脱したいけど勇気がない人、
好きなことを仕事にするやり方が分からない人、
諦めすぎていて好きなことを仕事にする発想がない人、

そんな人達に向けて「好きなことを仕事にしよう!」「好きなことで生きよう!」「想い、夢は叶うよ!」と展示会を通してお伝えしたいです。

現職をいきなりすっぱり辞めてしまうことを提案するわけではないですよ。「怖いことはしなくていい!」、働きながらも自己実現をするような「半社半X」、働きながら次の道を模索し新しいことにチャレンジすることは可能です!

そもそも好きなことが分からない人もいると思いますが、そういう方達にもショウちゃんとの展示会で何か触発するものがあると思います!

 

→ レ コッコレのビル、跡形もなく更地になりました

仕事は自分で創るもの!

一度ワクワクの波に乗ってしまえば、何がしたいかワクワク考えているだけでもっと大きいワクワクの波に流れ着くようです。時に自分の力量じゃ叶わないと思っているような、想像力を超えるようなステージに勝手に流れついたりします。

だから私はもう安心して好きなことをやっていこうと思っています。私は仕事は創るものだし好きなことしかしないって決めています。とは言ってもそりゃたまには不安になることもあるんですが、思いや夢を叶えながらこれからも生きていこうと思います。

 

引き寄せ本にはよく「叶えたいことを事細かに想像する」「叶った時の気持ちを先取りする、想像で体験する」というようなアドバイスがありますね。最初はワクワクして楽しい作業だと思います。けれどやがて現実に気落ちし、自分を鼓舞してテンションを高めて夢を想像する、また現実に打ち拉がれ再度鼓舞してワクワクしようとする、それを繰り返すうちに結構なパワーを消費し気疲れすることがありませんか??気分がジェットコースターのよう。

そして日々ワクワクしようと気持ちを上げる努力の結果「今日はこんな良いことがあった」「今日はなぜかうまくいかなかった」と一喜一憂しがちでそれによって疲れる人も多いと思います。

私も同様の努力したことがあるのですがほとほと疲れた上に、「一生懸命想像したこと」は案外叶わないと実感しています。夢を叶えるコツというのは、その引き寄せ本のアドバイスと似てはいるけどちょっと違うところにあると思っています。

 

ということで、好きな仕事をして生きること、自分の体験を元に「想いや夢を叶える方法」をこれからも綴っていきますね!

前回告知の「夢を叶える生き方」、はい、近々掘り下げて書きますから!!

 

 

 


2019年01月07日 | Posted in Column, ハッピーを引き寄せよう! | タグ: , , Comments Closed 

関連記事