信じられなくても大丈夫、夢は叶う!


夢は進化するので固執しない

新年迎え新たな決意や目標をお持ちですか?

私は今年中に実現するかわからないけど決めましたよ。

ちなみにですが、よく西洋式の成功術の本には目標を1年先、5年先、10年先と事細かく書く方法が紹介されていますよね。だけど自分も夢も進化するものなので私は書きません。たった1年後でも想像していなかったもっと素晴らしいステージにいることはあるし、ちょっと成長できた自分がもっと素晴らしい夢を見られるようになっていたりするものです。なので今の視野で見た夢や今日宣言したことに固執しなくていいと思うんですよね。だから私の夢はよく変わるのだけど「お前言ってたこととちゃうやんけ!」となるのが恥ずかしいような気がしてイヤなので、今日はあえて「今の夢」を宣言しません。実現したら教えますね(笑)。

 

叶った夢リストの一部

「今の生活や自分を変えたい」「もっと楽しく好きなことをマイペースでやりたい」「豊かな気持ちで暮らしたい」、そう願う人はたくさんいると思います。そして新年には新しい目標や夢を持つけれど、心が折れそうな厳しい現実の中、数ヶ月後には頭のどこかで薄々「そんな夢は叶わないよね・・・」と諦めたりしますよね。また自分を奮い立たせたり。だけどやっぱり夢が叶うと信じられずに暗い気持ちになったりを繰り返す。どうですか、そんな感じの方も多いと思います。私は常にそうでしたよ。

でも、私は経済的な豊かさ以外(笑)は夢や目標をびっくりするくらい叶え、そして今また新たにびっくりするような夢が実現する時を待っています。苦しいことも挫折もたくさんありましたし、不安や恐怖で寝られないこともありました。だけど夢って叶うんだな〜って何度も何度もサムシンググレートが見せてくれました。

簡単に紹介しますね。

 

①大学卒業後、就職活動中憧れていた大手企業に関西でたった一人の枠で採用される

初めに就職した会社はIT大手の企業でしたが就職難と言われた時代、関西での新人採用枠は一人でした。私は実力テストではA判定の大学に落ち三流大学の文系でダラダラ過ごしてしまったにもかかわらず、SE職として千何百人の中から関西でただ一人採用してもらいました。

 

②貯金ゼロで飲食店を開業する

会社を辞めて渡仏した私は、帰国後貯金がゼロだったにも関わらず、飲食店を開業するという夢が叶ってしまいました。産経新聞社が郵便受けにサンプルとして入れてくれた新聞に、大阪市と店舗開発会社の女性独立支援プロジェクトで新しく仕上げた店舗をそのまま貸し出す事業が紹介されていました。応募すると採用され、開業に至りました。

 

③確率は「100万分の1」、お年玉年賀で一等賞が当たりMacとipodをもらう!

開業後お金のない私はパソコンを新調できずにいました。手持ちのものはボロボロでした。次はMacが欲しいと何度かヨドバシカメラに通いましたが買えずじまい。するとお年玉年賀で一等賞があたり、MacBookと、もう1つオマケで店内で音楽を流すために欲しかったipodまでゲットすることができました。当時のお年玉年賀の一等賞は「100万分の1の確率」だそうです。郵便局員さんも初めて見る一等賞ということで握手を求められました(笑)。

 

④夢の、超超超超超憧れのビルに移転する

最初の店は地下にありましたが、開業前から憧れているビルがありました。4階建ての庭付きの、そう、あのビルです!自分では借りられるわけがないと思いが強かったため、借りるイメージや問い合わせるという発想すらもありませんでした。

ところが色んな偶然が重なり、ビルの管理会社の方から連絡を頂き、借りられることになりました!しかもなんとか借りられる価格だったのです(私にとっては高かったため支払いは大変でしたけど!)。その後のことは皆さんもご存知のように、色んなイベントが開催できる飲食店となりました!4階には人工芝を引いてイベントやヨガレッスンをする、3階は物販、それにお客様が手放した洋服を必要な方に自由に持って返ってもらうための「洋服の展示スペース」とし、2階はソファー席、他、大人数に対応したテーブルのある飲食スペース、そして1階はキッチンと飲食スペース。庭はいつもお客様がお花を植えてくれて、本町だと忘れるような空間でした。たくさんの思い出があります。

ちなみにここは現在、更地になりました!

⑤本格的な卓球台をもらう

私は卓球が楽しめる店を夢見ていたのですが、本格的な卓球台は高くて買えないと思っていました。それにサイズも大きすぎてどちらにしろ置けないと思っていたのです。皆さん覚えているでしょうか。最後は雨や紫外線でボロボロになり捨てましたが、庭にあった本格的、かつちょうどいいサイズの卓球台を!それはある日店に寄ってくれた廃品回収の方が「卓球台あるけどいる?」って言って、トラックの荷台にあった卓球台をプレゼントしてくれたのでした!

 

〜〜〜まだミラクル話はあるけれど割愛 〜〜〜

 

⑥大阪と南の島の二重生活が実現する!

店の立ち退き後に「これからどうしよう・・・」と考えていた時。大阪の人や店で出会った人達の繋がりが好きだから大阪を離れたくない気持ちがありながら、海のキレイな南の島で暮らすイメージも頭にありました。かと言って永住したいわけでもない。理想は「二重生活だ!」と思ったのですが、そんな夢は老後でも叶えることは難しいんじゃないのか・・・と妄想に近い夢でした。ところが店の立ち退き後に10年来てくださっていたお客様からお誘いを受け、宮古島で新しい店舗を借りられることになりました。ある宮古島事情で予定地を変更することになり、現在土地探し中です。

 

不安な気持ちを払拭できないあなたへ!大丈夫、夢は叶います!

よく引き寄せの本では「実現した時の気持ちを先取りする」「叶った時のように振る舞う」と書いてありますね。それはきっとそういうこともあるんでしょうけど、私は一切そんなことありませんでした。「まさかな、そんなこと実現するわけないか〜、でも叶ったらいいのにな〜」「叶ったら楽しいのにな〜」くらいな心持ちでした。

だから不安な気持ちを払拭できなくても大丈夫、自信なくても大丈夫です、夢は叶いますよ!!

長くなったので今日はこの辺で。

 

時々書いていることだけど、次は「夢が叶う生き方」をもっと掘り下げて書いてみたいと思います。

 

 

 


2019年01月05日 | Posted in Column, ハッピーを引き寄せよう! | タグ: , , Comments Closed 

関連記事