自炊が楽しい!サンティアゴの台所事情と海外の買い物で便利なアプリ紹介


今回の南米旅は、ロス → ペルー → チリ → アルゼンチン → チリ → アルゼンチン→ チリの順で周りました。最初はロスから順を追って旅レポしようと思っていたのですが、順不同でハイライトをピックアップしていこうと思います。

私の主な滞在国はチリでした。サンティアゴをベースポイントにして北に飛んだり南に飛んだり。

サンティアゴには友達が住んでいて、中央市場やオーガニックカフェに連れて行ってもらいました。

 

チリは野菜の種類が豊富でめちゃくちゃ安い!!

中央市場の入り口付近です。

 

どこの店も野菜がてんこ盛り!

 

アンティーチョークとアスパラガスの山!スイカもでかい!こんなにたくさん売りさばけるのかな・・・??

 

芋類も種類が豊富!

 

見ての通り、元気な野菜がいっぱい!そしてサラダだけでもこんなに種類が豊富です。

 

 

このフルーツは「チリモヤ」と言います。食感は少しパイナップルに似ているかもしれません、繊維質です。お店で一口食べさせてもらいました。種を中心に実を一口サイズに取って食べるのですが、それがちょっと面倒だったのでレストランでジュースだけ頂きました(笑)。美味しかった!!!

 

長芋に似た野菜もありました。

 

このちょっとグロテスクなもの、何だと思いますか?これはコチャユヨと呼ばれる海藻です!水に戻し細かく切ってサラダに入れて食べます。

 

友達の家では玉ねぎやピーマンと混ぜ、オリーブオイル、レモン汁、塩をかけるシンプルなサラダで食べさてもらいました(写真右)。

私の出会ったチリ人はコチュユヨが嫌いだという人が多かったのですが、市場では大量に売られていました。味は淡白です。

 

このいちご、これだけパックに入って230円ほどです!!

 

他例えば、日本で高価なアボカドは6個で230円!スーパーではもっと高いですが、アボカドをこことぞばかりによく食べました。

ワカモレ(アボカドのペースト)を一緒に作って食べました。アボカドをフォークで潰して、玉ねぎのみじん切りとトマトのさいの目切り、オリーブオイルと塩、レモン汁を混ぜて作ります。

写真は夜のテラスで撮ったので暗めですが、実物はアボカドの黄緑がキレイな一品です。

友達の朝ごはんにもよくアボカドが出てきました。フォークでつぶしたアボカドをパンに塗って食べるといった感じです。

友達にとってはなんでもないことですが、ちょっとしたチリの日常を知ることがとても楽しいです!!

 

雑穀も超安い!キヌアをリゾットに料理できる国!

チリにはたくさん雑穀専門店があります。

帰国時に買って帰るつもりがフライトを間違えていたので買えずじまいです・・・(涙)。キヌアリゾット作りたかったな・・・。

 

キヌアはチリでも高い方ですが、それでも日本と比べるとかなり安いです。写真はキヌアのポップコーン1.2キロで490円です。普通のキヌアの記録がないのですが・・・(苦笑)

 

日本では高いので、私は料理一回につきスプーン1杯しか使わなかったりしますが、チリでは贅沢にもキヌア100%のリゾットを頂けます!レストランのメニューで時々見かけました。

友達は家でご飯替りに炊いてくれました。友達の炊き方はキヌアを初めオリーブオイルで炒めます。そして水をキヌアの2倍ほど入れて柔やらかくなるまで火にかけます。

 

友達は夜は大抵自炊していました。チリにはレストランやバーがたくさんあって夜遅くまで賑わっていますが、一般的に友達と集まる時は外食よりも誰かの家でということが多いそうですよ。

 

キヌアリゾットやコチュユヨをいただいたこの日は野菜のフリットを一緒に作りました。ちなみにビールですが1ダース1000円です!そりゃ家飲みするよな〜〜。

 

話を雑穀店に戻しますと、市場にも雑穀専門店がありました。アマランサスが1キロ200円!!クミンシードが230円!自炊するにも飲食店で料理を提供するにも食材が安く手に入るのは最高です!

 

 

大麦が1キロ350円!ええな〜ええな〜!

 

これはフスマです。値段を記録していなかったけどたっぷり使えそう!!

 

雑穀専門店にもコチュユヨが売られていました。この一袋で400円です。

 

ドライフルーツも豊富に取り扱っています。

 

すごく魅力的じゃないですか??外食すると提供される野菜の種類はとても少ないのですが、市場にはたくさんあって大興奮でした!

だけど市場に行った翌日はブエノスアイレスに行く日で野菜を色々買ったわけでなく、市場も家の近所ではなかったので色んな野菜を試せたわけではありません。日本にはない野菜やフルーツをもっと試したかったというのが心残りです。

 

チリ料理

市場で買い物の後には友達オススメのレストランに行きました。メンバーはチリ人の友達のニコラスと、チリ在住7年のまりえちゃんと娘ちゃん達、大阪から一緒に旅をしたサキちゃん。

 

マリエちゃんチョイスのレストランで伝統的なお料理を頂きました!

 

ここはチリで一番美味しかった!

 

タラをフリットにしたものがよくレストランにありますが、それもここが一番美味しかったです!脂が乗っていてコクがあって食べ応えあります。

 

魚介のマリネ料理「セビーチェ」はチリの定番です。

 

これは「パステル・デ・チョクロ」、とうもろこしのペーストで作るグラタンです。南米では肉食が多くなるため、ここではベジタリアンメニューでオーダー。中にパプリカやトマト、玉ねぎ、オリーブが入っていました。一般的には牛や鶏のひき肉が入っているそうです。クリーミーで甘くて美味しかったです。

他、付け合せにポテトのマッシュをオーダー。料理の量は日本より多いので、料理数は人数分より1つ減らすくらいの感覚でシェアするとちょうどいいです。

 

チリは料理という料理は実はそう多くありません。メニューにはピザ、パスタと書かれていることが多いです。

そして適当に店に入ると本当に不味くて食べにくいことがよくあります。「今日もランチが最悪だった・・・」と報告するとニコラスに「なぜオススメ聞かない!?チリはヒドイところ、多いダから!」と怒られました。最初に教えといてくれよ〜(笑)

彼の外食する時のオススメは、「人にオススメの店を聞く」「人が多いレストランを選ぶ(→いつもそうしてたけどそれでもあかんかった!)」「グーグルマップで評価をチェック(WIFIがないと難しいですね)」だそうです。

ニコラスに連れて行ってもらった店は比較的美味しかったです!

 

オーガニックカフェランチ

オーガニックカフェにも連れて行ってもらいました。ケンちゃんという、日本とチリのハーフの友達を紹介してもらいました。

商社を起業し、ある有名な男性用ヘアワックスを日本から輸入しています。チリには男性用のヘアスタイリング剤がなかったのでウケているそうですよ!

ちなみに友達のニコラスも商社を友達と起業し、ある栄養ドリンク剤を日本から輸入しようとしていました。

ニコラスが言うには「誰もボスは要らな〜い。だから自分でビジネスするのはチリでトレンド!」ということです。

 

フルーツの安いチリでは生搾りジュースがよく出てきます!贅沢でしょ?

 

私はベジタリアンのランチセットをオーダーしました。カリフラワーのグラタン、ガスパチョ、サラダ、パン。

 

デザートには日本でも流行ったスーパーフード。

 

オーガニックショップ併設のカフェだったのでオーガニック食品を拝見。

 

味噌をたまりを発見!味噌は日本産でアメリカの会社から輸入されていました。

 

ナッツやシリアルの量り売り。なぜかちょっとテンション上がります。

 

野菜のペーストやドリンク、乳製品なども買えます。

オーガニックが割と流行っていると聞きましたが、普通に歩いているくらいだとあまり見かけません。普段は近所の大きいスーパー2箇所を利用していましたが、オーガニック商品は滅多にありませんでした。日本でオーガニック商品の買い物の仕方は「知る人ぞ知る」って感じなのとちょっと似ているかもしれないですね。近頃はライフなどでもチラホラ見かけるようになってきましたが。

 

お買い物に便利な通貨換算アプリ!

円換算する時はチリの物価を6で割ったものが近い数字になります。ですが正確に知りたい時に便利なアプリがあります。ペルー通貨は換算できませんでしたが、アルゼンチンに行った時に計算が全くできなかったのでとても便利でした!また、通貨両替をする時にも便利です!

 

海外旅行必須の通貨換算アプリCurrency

https://itunes.apple.com/jp/app/currency/id284220417?mt=8

 

上手に旅するためのアドバイス!
スマフォにCurrencyをダウンロードしておきましょう!ネットがオフラインでも使えます。知りたい通貨が登録した国の数だけ換算されて表示されます。例えば1500チリペソがいくらになるか、円、ドル、アルゼンチンペソで同時に表示されます。

アルゼンチンでは必要な現金をチリペソと両替して手に入れたのですが、その時にも大変役立ちました!

 


2019年01月02日 | Posted in 海外旅行 | タグ: , Comments Closed 

関連記事