発音できない音は聞き取れない!スピーキング力もリスニング力も上がるオススメの英語学習法


おはようございます!なんとか三日坊主にならずに英語とスペイン語の勉強続けています。

最速最短でリスニング力が上がる勉強法

オススメの参考書


(画像:AMWBOOKSより)

http://amwbooks.asciimw.jp/978-4-04-868863-5/

英語の参考書のオススメ、「その1」です。「英語耳」です。「発音できない音は聞き取れない」、その通りだと思います。英語が聞き取れるようになったのは大いにこの本のおかげです!!もちろん発音も良くなり、英会話がよりスムーズになりました。

海外のお客様に「あなた、どこで英語を習ったの??発音がとてもうまい!!」とまで褒められたことが数回ありました。下手くそな英語でもとりあえず上手だというのと違って、「勉強は自分で」と言ったのを信じず何回か聞き直されました。

参考書の中身は!?

本を人にあげてしまって手元になく記憶だけで説明しますが、1ページにつき1音の発音法を説明しています。母音、子音、全ての音の口の形、舌の形を分かりやすく絵にしています。また、CD付きなので音声も確認できます。各音を含む単語でも確認し、さらに似た音を含む単語と聞き分ける練習問題がいくつか収められています。

私はさっさと全音の口の形を知りたかったので練習問題がその頃は面倒で、ただただ各音の発音法を確認をしました。時々いくつかピックアップして練習問題をしたくらいです。ざっと全音の発音法を確認すると1冊約1時間で済みます。私はこれを別の日にもう一度やりました。そしてこのたったトータル2回でグンと発音(スピーキング力)とリスニング力が上がりました。

日本人が苦手とされる「R」と「L」の発音も聞き取りも今やバッチリです。「R」は下を巻くと思われがちですが、いちいち下を巻いていると会話に間に合いません、大抵は舌の奥の方を口蓋につけるように持ち上げるのがコツなのですが、詳しくは英語耳で確認くださいね。

余談ですが、著者の松澤さんの経歴を見ると、私の勤めていた会社の先輩でした。日本の英語力を底上げするような偉業だと思います!!先輩、尊敬します!!

 

一日たった10秒でも上達する!

先日「毎日10秒でもいいから勉強すると上達する」という記事を書きました。10秒方、本当にいいですよ!

一日たった10秒でも上達する英語の勉強法

 

勉強しようとする試みだけで相当なパワーを消費しますが、たった10秒ならできませんか?

私は実際、「たった10秒でもいい」と思うと割とスムーズに参考書に手が伸びます。1時間くらいしっかり勉強するつもりだと、その意思はあっても背中を引っ張るようにそれを阻止する逆の力が働いて、なかなか机に向かえずにいることがよくあります。

たった10秒でも一年で1時間、1分でも1年で6時間勉強したことになります。10秒で1単語覚えたとしても1年で365個。10秒間勉強するのと全くしないのとでは大違いです。

そして実際は数分がすぐに経ちます。短時間で勉強しようとすると集中力と共に記憶力が上がり、もしかすると1時間で色々覚えようとするよりも多く記憶できているかもしれない・・・。そしてそのままエンジンがかかり1時間集中して勉強することもあります。

私は週末の営業がある日は朝から一日中大忙しで心に余裕がないので朝の勉強は飛ばし、ベッドに参考書を置いておいて「寝る前の10秒方」作戦で語学学習を継続しました。「10秒」のつもりが実際はすぐ「数分」になり、3日間やっても覚えられなかったスペイン語の動詞の活用をすぐに覚えました。さらに起床後、寝る前に見たページにさっと目を通すだけでも良い復習になります。

10秒方で半年後、どれだけスペイン語力が上がるかが楽しみです!ゼロからのスタートだから成果が分かりやすいからです。英語もTOEICで結果を残したいです。

それではまた!

短時間で効果的に勉強しよう!「一日たった10秒でも上達する英語の勉強法」

一日たった10秒でも上達する英語の勉強法


2018年06月05日 | Posted in Column, 語学学習 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です